栗田アート

カッティングシートの看板は栗田アート|マグネットシートで取付簡単


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

カッティングシートの看板なら、看板製作販売の「栗田アート」にお任せください。送料無料で後払いシステム。 お店のウィンドウや車用など用途は様々です。車のボディにピタッと貼れるマグネットシートも低コストで気軽に作成ができるのでおすすめ。

最近、自分で手軽に作成出来るとしてカッティングシートを用いた看板等を自作する店舗や事務所等が増えてきているようです。手軽に作れるという他にも、コストカットや自分たちで看板を作るというノウハウ作りのために作成する等、目的も幅広くなっています。まずそれには、土台となるカッティングシートを選ぶ必要があります。カッティングシートには様々な素材があり、使用目的によって使い分ける必要があります。看板に重厚な質感を出したい場合にはメタリックシート、道行く人の目につくようにしたいときには文字が浮き出るようなタイプのもの等、適材適所で選びましょう。次に必要なのが、カッティングシートを貼り付けるボードです。誰にでも持ち運び出来るアルミのボードや、暖かみを出したい時には木目調のボード等、土台選びも重要になります。また、屋外に設置する際には雨風等に強い素材のものを選びましょう。マスキングテープ等もあると作成しやすいでしょう。空気が入ってしまうと貼り付け作業がしづらかったり、シートがはがれやすくなる可能性もあります。マスキングテープがあまり見えないように、貼り方にも工夫が必要です。PCにデザインソフトをインストールしておくと、とても便利に作業が進みます。PC上で社名や屋号の配置もしやすいですし、デザインの拡大・縮小も簡単に出来ます。デザインが完成しプリントアウトしたら、カッターやのりを用いてシートをボードに貼り付けます。カッター板があると便利ですが、ないようであればのりがくっつきにくいプラスチック状の板などの上で作業をしましょう。切り張りが終わったら、最後にアクリルラッカースプレーで仕上げを行います。看板としての風合いを出すだけでなく、雨風に耐えられるようにしたり、強度を高めるために欠かせない工程です。このスプレーをする時は、必ず十分な換気を行いましょう。新聞紙やブルーシート等を用いて作業に当たるのが望ましいでしょう。必要な物を一通りそろえて、カッティングシートを用いた看板づくりにチャレンジしてみましょう。