山口建設

給湯器の故障かな?|修理について詳しく解説|給湯器の相談なら山口建設


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

「給湯器からお湯が出ない!もしかして故障?」「給湯器を修理したい場合はどうすればいいの?」と困った時のために、給湯器の故障の原因と対処法、修理・点検にかかる費用相場、業者の選び方までをご紹介いたします。

給湯器が故障した場合、自力で直すことは難しいのでしょうか。すべての症状が自力で直せるとは限りませんが、ある程度の部分であれば自力で直すことは可能です。もっとも簡単な例でいえば、本体の電源が入らない場合、ブレーカーが落ちてしまっているかどうか、ガスが遮断されていないかどうかを確認することは必要です。地震などによってガスメーターが安全のために停止してしまい、ガスの共有が止まったために故障と判断してしまう機会は少なくありません。また、落雷などによる停電によって使えなくなることも珍しくありませんので、ブレーカーを立ち上げ直したり、ガスのメーターを復帰させることによってガスや電気が回復し、結果として故障が治るということはあるため、確認を忘れないようにしましょう。また、配管を保護するための保護テープを巻きなおすことも自分でできます。配管を保護するためのテープはホームセンターなどで販売されているため、雨風によって剥がれてしまったときなどに巻きなおすことで、配管を保護して給湯器故障を防ぐことにつなげましょう。また、取り付けた場所や地域によっては朝晩の寒さによって配管の中で水が凍ってしまい、結果として水道管破裂によって給湯器故障を引き起こしてしまうことはよくあります。対策としては給湯器の配管に保温用のヒーターを取り付けることです。無理して業者から購入するのではなくホームセンターなどで買うこともできます。ホームセンターで買って取り付け、配管が破裂して業者を呼ぶ回数を減らすことができるでしょう。しかし、それ以外の故障に対しては、あまりお勧めできません。理由として、給湯器の内部が複雑となっていることや、素人が触ったことによってさらに症状を悪化させたり、全く違った場所が故障してしまうことは珍しくないからです。壊れた場所を増やさないためにも、壊れてしまったら自分たちで直そうとはせず、なるべく早く専門の修理業者を読んで直してもらいましょう。
『関連情報:給湯器 故障