ビューバレー白馬

白馬の不動産・土地・移住のことなら「株式会社ビューバレー白馬」


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

白馬の不動産・土地・賃貸、白馬への移住・コロナ疎開のご相談なら当社にお任せください!中古別荘や家具・家電が一式揃ったログハウスの一棟貸しなど豊富な不動産情報からお気に入りの物件をお探しいただけます。

白馬村は北アルプスの麓にある村で、登山客やスキー客で発展したことから民宿発祥の地ともなりました。近年は観光ではなく移住する人も徐々に増え、さまざまな人たちが暮らす地になっています。大自然に囲まれて季節を感じながら暮らせるのは、心休まる素晴らしい体験になるでしょう。白馬村は長野県長野市から車で約1時間の所にありますので、買い出しや他の土地へのアクセスもそう悪いという場所ではありません。気になるコロナの影響ですが、長野県全体は全国と比べても感染者数は平均的で、特に厳しい状況に追い込まれているというわけではないでしょう。そもそもどこにいても守るべき行動は守り、自分の身は自分で守ること、マナーを徹底することは変わりません。白馬村の人口は若干増加傾向ですが、同規模の村と比較して大きく人口減しているわけではありませんし、過疎が進んで暮らしにくくなっている地域でもありません。コロナ禍前はオーストラリアからの季節来訪者が多く、一時的にアルバイトをする姿を多く見かけることもありましたので、世界のコロナ状況がおさまれば、またそうした外国の方々の姿も目にするようにもなるでしょう。白馬村には観光目的で訪れて、その素晴らしさに魅了されて移住を決めた人たちがたくさんいます。言ってみれば移住の先輩がたくさんいるので、困ったことは相談しやすい環境ができているのはメリットです。18歳までの医療費を助成する制度や第二子以降の保育料を軽減する支援制度なども独自に制定しているので、大自然の中で子育てという夢もかないそうです。住まいを見つけるには、不動産業者に相談するのが一番手軽で早いでしょう。現状、戸建物件は少なめの状態ですが、移住を考えるならまず夏と冬の両方を数回体験し、移住してもやっていける環境か実体験するのがおすすめです。特に山の2月下旬頃は非常に雪が深く、移住してから雪かきに追われて「こんな生活は難しい」と感じてしまう場合もあります。白馬村の美しさは大自然あってこそ、特に雪は本当にたくさん降りますので、雪とともに生活する意味を実体験とともに味わってみないとわからないことが多いでしょう。
『関連情報:白馬 移住 コロナ